jdp.collection

One Pearl, One Happiness.
ジュ・ドゥ・パールのオリジナルジュエリー、リフォーム、セレクト商品などをご紹介するブログです

★お知らせ★

「ひとつぶのシアワセ -ジュエリーデザイナーの真珠的日常-」は、こちらに移転しました。
移転先ブログでも、いままでの記事を読むことが出来ます。
大変お手数ですが、再度のブックマークをよろしくお願いいたします。

また、当ブログは名前も「jdp.collection」に改めまして、主に商品紹介のページとさせていただきます。
新作、製品、リフォーム例など、ジュ・ドゥ・パールのブランドコレクションをお楽しみください。

ロマノフ王朝展

d37c2095.bmp東京都美術館にて開催中。小泉首相が行って「圧倒された!」と一言残し去った翌日に見に行きました。(笑)

確かに一言で言うと「圧倒された!」んですが、心の中では(そうでも無かった)という感じも…どんなか、と言いますと。ジュエリーが思ったよりも少なかったことが物足りなく感じたのです。

でもロシア正教のこてこてキリスト像付きのイコンなどは、かなり奇麗な保存状態ですし、マリアとキリスト像の白い衣装の部分はすべてが「真珠」ということで、思ったよりもふんだんに真珠が使われていたことには驚きました。

淡水のシードパールや、たぶん地中海とかインド洋で採れていた粒はそこそこの天然真珠も見ることが出来ました。今現在の養殖真珠に比べてしまうと、輝きや形は劣るように見えますが、なんたって「昔の天然真珠」ですから…一見の価値はあります。

その他には、すばらしい刺繍がほどこされた衣装や棺にかけたという布などテキスタイル関係も充実でした。重そうでメンテが大変そうな銀食器とか、撃つよりも見せるタイプの銃とかですか。

ジュエリー、もっと持っているはずのロシアですがねぇ。見るにはやはりエルミタージュまで行かねばならないのでしょうねぇ。。悔しい。

土日以外は、比較的混雑していない模様です。是非、新緑の上野を楽しみがてら、いらしてください。なお、ここの食堂は一見社食か学食か、なのですが…サービスはいいです。食事は、うーんと昔の新幹線についていた食堂並ですねぇ。と微妙な路線。(それでも)12時からは並ぶので、時間はずらすのが得策かと。

公式サイトからメルマガを申し込むと、割引料金で入場出来ます。と言っても百円引き。

【欄外・新聞より】
サンクトペテルブルク郊外のエカテリーナ宮殿内「琥珀の間」が60年ぶりに復元公開された。18Cにプロイセンからピョートル大帝に贈ったものだけど、大戦中にドイツに略奪されたらしい。(略奪しあってますな)

ご参考までに、琥珀とは。こちら

いろいろ情報

●神戸国際宝飾展開催●詳しくはこちら
5/15-17 於・神戸国際展示場にて
神戸といえば、真珠屋さんが多くて、なかなか楽しい展示会です。
業者のみ無料で入場券を送ってくれます。

●フランス貴金属・宝飾展●
5/20-21 於・帝国ホテル本館6階
フランス時計貴金属宝飾ジュエリー組合とフランス見本市協会主催
フランスのジュエリーは、私の好きなアイテムの一つです。新作の発表なので一応デザイナーは入場お断りで、仕入れ業者オンリーなのです。

●Fine Art & Antiques Fair●詳細
5-15 June, 2003
Olympia 2 Kensington
LONDON, GREAT BRITAIN
さて、昨年の冬に訪れたファインアートとアンティークの展示会の夏バージョンの案内がきました。招待券もあります。ロンドン行く方は、是非物見遊山でも訪れると目の保養になります。
見に来ている方達も、ちょっと違うなぁ、というくらい素敵です。
(私の場合、別の意味でちょっと違ったんだけど…)

●新店舗情報●MIKIMOTO site
○「ミキモト六本木ヒルズ店」オープン

海外のデザイナーコレクションが中心で、いままでとは違った趣らしい。1、2階で約五十坪の面積。今年は創業110周年ということです。

○「Follie Follie六本木ヒルズ店」オープン

ギリシャのフォリフォリです。四月にはステンレス素材のジュエリーも発表したばかりで、かわいいものからシャープな路線がなかなか素敵です。
Follie Follie site

○「田崎真珠リーガロイヤル大阪店」オープン

関西の迎賓館といわれるホテルには、他にはハリーウィンストン、ブシュロン、ダミアーニなどのジュエリーブティックが並んでいるらしい。田崎の中でも、高級感あふれるものばかりを扱っているとか。



母の日にも、真珠をどうぞ♪

庭園美術館にて

fa87c7b4.bmpイギリスのダイアナ・スカリスブリック氏から、スライド付きの講義を受ける。
装飾美術の展示は、過去にもあったのですが、年代としてルネサンス期からアールデコまでという400年のジュエリーを集めたものは初めてだということです。

近代物は、見る機会があるのですが、ルネサンス時期となりますと、なかなか日本で見ることは難しいですね。ローマ時代の復興を夢見たルネサンスの金銀細工の素晴らしさは必見です。
ツゲを彫り込んである細工とか、エナメルと繊細な金工の技は、ヨーロッパがオリエンタルなものに憧れた象徴でもあったりして、デザインなども日本的なものも多いです。

ダイアが貴重だった時代に、いかにきれいに見せるか趣向をこらしたものから、近代のヴァンクリに至るまで、さまざまなジュエリーがご覧になれます。

是非ぜひ、お出かけくださいませ。info


グッズも売っています。カタログもかなり素晴らしい出来ですよ、重いけど。

ガーデナーズ・リング

ae87fa95.bmp冬のおわりから企画に取りかかりながら、なんとかかんとかサンプルが完成した指輪があります。
いろいろな含蓄を含んだ奥深〜〜いつもりのリングなのですが…。(笑)

もうあと一踏ん張りがんばらせてもらいます。

ここのオーナー様との合作です。


【注】これは、試作品です with crystal

いろいろ情報

59aa9d72.bmp【ヨーロッパ・ジュエリーの400年(ルネッサンスからアールデコまで)】
会期・4/24-7/1 (第二・第四水曜日休館)
於・東京都庭園美術館・目黒駅東口より徒歩七分

★歴史的なジュエリーがパリ・ロンドンから240点初公開されます。美術館ガイド
4/24には、ジュエリーの講演会もあり、私は行く予定。


【ロマノフ王朝展】
会期・4/22-7/6 (毎月休)
東京都美術館 上野 入場料\1200
ロシアである。日本での江戸時代ころに300年の栄華を極めた王朝の華麗なる調度品の数々が見られるそうです。ロマノフ王朝展

【新刊発売】ご参考まで。
★「世界のブランドジュエリー」★「間違いだらけの宝石店選び」



ダイアの婚約指輪、どこかに眠っていませんか?今時、たて爪リングなんてどこにしていくんでしょう…というくらい、腰の低いリングがはやっている昨今です。こんな風に、いつも出来るペンダントにするのはいかがでしょうか?

プラチナ台は買い取りにして相殺してしまうと、チェーン付きでも3万円くらいから、かわいいヘッドが出来ます。


ダイヤ・0.5キャラ
プラチナ・ティファニータイプ留め
ベネチアンタイプ・チェーン
PROFILE
ギャラリー
  • 【ブレスレット】小粒のタヒチパールを楽しむ
  • 【ネックレス】さまざまなスタイルを楽しむ
  • 【ネックレス】さまざまなスタイルを楽しむ
  • 【ネックレス】さまざまなスタイルを楽しむ
  • 【ブレスレット】マルチカラーの饗宴
  • 【ネックレス】タカロア・ラグーン
jdphp_banner





ameblo_banner








since 2002
貴金属地金価格
みなさまからのお言葉
ことのは
Powered by 英語名言集
つながり
Books Recommend
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ