jdp.collection

One Pearl, One Happiness.
ジュ・ドゥ・パールのオリジナルジュエリー、リフォーム、セレクト商品などをご紹介するブログです

★お知らせ★

「ひとつぶのシアワセ -ジュエリーデザイナーの真珠的日常-」は、こちらに移転しました。
移転先ブログでも、いままでの記事を読むことが出来ます。
大変お手数ですが、再度のブックマークをよろしくお願いいたします。

また、当ブログは名前も「jdp.collection」に改めまして、主に商品紹介のページとさせていただきます。
新作、製品、リフォーム例など、ジュ・ドゥ・パールのブランドコレクションをお楽しみください。

黒真珠とペリドットのネックレス

eeedfcc6.bmpこの時期は、年末商戦に向けての新作展示会や卸元のセールも目白押し。乗り遅れると、アッという間に準備不足のままにシーズンに突入してしまう。ということで、明日から急ピッチです。新作や仕入れの準備期間は実は「夏」にあるのだけれど、今年はやや遅れ気味。(ちょっと焦り・・・9月はマッハで仕事せねば!)

頼まれ物であった「ペリドット」のネックレス作りに着手。薄い黄緑色の色石の代表で、和名は「かんらん石」という。カット石の美しさは有名で、キャッツアイの入ったものなどもある。産地はオーストラリア、ブラジル、南アフリカ、アメリカ、ザイールなど。

硬度が低いので、今ひとつ高級仕様にはならないが、そのグリーンの透明度の美しさは定評あり。私も好きな石の一つだ。
「ペリドット」は、8月の誕生石で平和を招く石だとか・・・

色が多様で、やや濃い感じの黒真珠とネックレスで合わせられる色石は、案外と少ないのだが、これは品良くシックにまとまったと思う。(若い人には、やや地味に感じるが、白いワンピースには似合いそう・・・)

一本は、黒真珠と、もう一本はドイツ製の18金パーツと。



left >> ペリドット + 黒真珠 (50cm)
right>> ペリドット + K18パーツ(47cm)

Pearl in Chicago

NYの自然史博物館で約半年開催されていた「真珠展」その名も「PEARLS」が、今はシカゴに移動。世界各地から、真珠にまつわる逸品が集結しているらしい・・・

う〜ん、行きたい!いきた〜〜〜〜い。

・BC3世紀・・・ギリシャのアフロディーテの神殿から発掘された飾りピン
・ナポレオンの皇后ジョセフィーヌの王冠
・パナマ沖で発見され、ヨーロッパの各国の王家をまわり、最後はエリザベス・テーラーが持っていたというペアシェイプの真珠・・・

などなど、珍しいものがたくさんあるらしい。

「9-11」までは、タヒチの黒真珠の主要取引先は、なんたってやっぱりアメリカのお金持ちの方々でした・・・その勢いは、やはり陰りを見せていると言わざるをえない昨今。

養殖真珠に関しては、日本だけの技術だし、東洋の神秘=真珠としてとらえる外国人は多いですね。そして、みんな「白」が一番wonderful!と思っているけれど・・・

巨大な黒真珠や白蝶真珠は、やはり日本人の体には大きすぎるというものですねぇ。

先日、田●き真珠で見た、特大15−17ミリのネックレスは、すごかったなぁ〜〜〜
(銀座本店3階にあり)

chicago
PROFILE
ギャラリー
  • 【ブレスレット】小粒のタヒチパールを楽しむ
  • 【ネックレス】さまざまなスタイルを楽しむ
  • 【ネックレス】さまざまなスタイルを楽しむ
  • 【ネックレス】さまざまなスタイルを楽しむ
  • 【ブレスレット】マルチカラーの饗宴
  • 【ネックレス】タカロア・ラグーン
jdphp_banner





ameblo_banner








since 2002
貴金属地金価格
みなさまからのお言葉
ことのは
Powered by 英語名言集
つながり
Books Recommend
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ