黒蝶真珠と白蝶真珠の3色マルチネックはとても流行ったのですが
トーンがグラデーションになっていないものや黒の配置によっては、ちょっと唐突な印象のネックレスになってしまいます。
そしてその特性から、洋服を選び、印象の強さから「あれ、また着けている」という印象をもたれがちです。
それは利点でもありますが、イメージが強くなりすぎるというマイナス面もあります。
kmaki_before_20120322_1
before

「このままでもいいのだけど、もっとファッショナブルにならないかしら」とご相談をうけました。

こちらのお客様のイメージは、ちょっと日本人ばなれした斬新なデザインが似合うタイプ。
いくつかの案が浮かび、いろいろと試行錯誤の結果、こちらにおちつきました。
形、大きさにはとらわれず、3色でハッキリと分けてしまうのです。
襟ぐりのせまいものでしたら、前に「黒」「白」「黄」の部分だけを前に出すと
その色だけのネックレスにも見えます。
パーツも金色のボールタイプを使っていますので、前に持ってきても楽しめます。

kmaki_20120323_02
after

白と黄、白と黒を半々に見せるということも可能です。
その日の気分によって、いえ時間によっても、どこを前にしましょうか〜と。
気分次第でどんどん顔が変化してゆきます。

さっそく着けていただきましたが、やはり予想通りにピッタリで(ピンぼけでごめんなさい)
大変に気に入っていただけました。ありがとうございました。

kmaki_20120323_01




pearl : 白蝶黒蝶真珠 10mm-14mm
crasp : silver YG
length : 46cm





One Pearl, One Happiness.
♪ジュ・ドゥ・パールは、貴女だけの「ひとつぶ」おさがしします♪


人気ブログランキングへ