あこや真珠のネックレスのお引き合いがあると。
通常、まずはいくつかの項目をご確認させていただいております。

・サイズ(珠の大きさ、あこやの場合は7-9ミリまでが主流)
・おこのみの色目(ピンクの濃い系、薄い系、ホワイト、イエロー、無調色など)
・花珠、または鑑別書付きか(あらかじめある程度の品質のものをソーティングしてあるもの)

あまりいろいろご覧になると迷って決められないこともおおく
私の長年の勘では、「5本」ていどをまずお見せします。
まったくイメージがわかなかった方でも、5本のなかからですと
ある程度「自分のこのみ」が、このなかのどれに近いのかがわかってまいります。

そこから、さらに「ぴったりのモノ」をさがしたい方には、あらたにその一番気に入ったモノに近いものを
ご用意させていただきます。

このような白いネルの布地の上において「いろとてり」を、
また1本は43cmで出来上がっているネックレスを「ながさを決めるために」ご覧いただきます。
007-001

留め金もいくつかのデザインからお選びいただけるよう、ご用意します。
無事にご決定いただけましたら、あわせのイヤリング、ピアス、リングがご入り用かのご相談になります。

一生のうちに、冠婚葬祭でおつけになる機会が一番おおいと思われるのが「あこや真珠のネックレス」です。
場合によっては、代々お持ちいただくことにもなる品物です。
お引き合いのさいも、できるかぎり「巻の厚い、品質のよいもの」ながら、ご予算にみあったものをそろえることを心がけております。



One Pearl, One Happiness.
♪ジュ・ドゥ・パールは、貴女だけの「ひとつぶ」おさがしします♪


人気ブログランキングへ